Gundam

『Cut』2007年11月号を読んで その2

Cut 2007年11月号

Cut 2007年11月号

ロッキング・オン

一部のガンオタからは、「女はガンダムを見るな」などといった声が聞こえてきます。

そういう人たちは、『W』や『SEED』、『00』が腐女子向けと言われてたり、腐女子に人気があるのが気に入らないのでしょう。

しかし思えば、『ガンダム』は最初から女の子に人気があった腐女子向け。

『Cut』11月号にもありますが、雑誌やTVなどでガンダムの特集がくまれるといつも出てくるのが「放送当時人気があったのは、女子中学生。男の子に人気が出て来たのは放送終了間近からで、ガンプラが出て人気に火がついた」という話。

そういえば小学生のとき、クラスでは男の子より女の子の方が「ガンダム」「ガンダム」と言っていたように思います。「ガルマがイイ」とか「アムロが可愛い」とか。「シャアが好き」と言っていたのは私ぐらいだったような・・・

女性は基本的に、キャラ萌え、ストーリー萌えですから、ガルマとイセリナのエピソードに喰い付くのは当然でしょう。

その他にも、ミライとブライト、カムラン、スレッガーのエピソードなど、女の子が好きそうな話が出てきます。

シャア(キャスバル)とセイラ(アルティシア)の、生き別れの兄・妹云々も、70年代少女漫画によくあるパターン。

安彦先生がシャアとガルマを同性愛関係にある設定にしようとしたら、富野監督が「可哀想」と却下したという話があります。ソースは忘れましたが。

だから『THE ORIGIN』では、士官学校時代の二人のエピソードで、それを匂わすシーンを描いたんだとガンオタの間では言われています。

だいたい『ガンダム』が「男の子向け」なら、シャアのシャワーシーンを描く必要がありますか?

例えば、コーヒーを飲んでちょっと休憩しているところでも良いはずです。

ほら、そうやって考えたらやっぱり『ガンダム』は腐女子向けですよ。

「ガンダムが無ければ、私の腐女子への目覚めは無かった」わけですし。

今に始まったことではないのですから美少年ばかり出てきたって良いじゃないと思いますし、それをとやかく言うなと言いたい。

あ、だからといって、『SEED』と『SEED DESTINY』、『00』がOKかと言えば、それはまた別の話。

- AD -

Comment

julajp

October 29, 2007 5:31 AM

あわせて読みたいから飛んで来ました。
10/28にCut買って読んでいました。
なかなか貴重なインタビュー面白かったですね。

そう言われてみると、当時のアニメ誌OUTなんてで流行っていたのはやはり女性の人気が高かったからなのかもと思ってみたりしました。

また、インタビューの中で監督が”オーガニックなものが好きなんじゃなくて、やっぱりメカが好きなのよね、所詮。それが嫌だなと思いますけど(笑)”と言うところがあります。

これみて、あ?自分はこれだったのか・・・と改めて認識してしまったなんて感じだったりします。

Chino

November 2, 2007 12:34 AM

どうも。はじめまして。

Cutは、ガンオタ芸人の座談会が目当てで買ったのですが、
ララァの事など、今まで読んだり見たりした富野監督のインタビューとは違ったものが出て来て思った以上の収穫でした。

監督、この日は機嫌が良かったのでしょうか(笑)

- AD -