Web Services

さくらインターネットで取得したドメインをGoogle Appsで利用

さくらインターネットで取得したドメインをGoogle Appsで利用したい。ただし、Webサイトはさくらインターネットのレンタルサーバーで運用する場合のゾーン編集の覚え書きです。

ゾーン編集

ポイント

  • CNAMEやMXレコードの末尾に"."を付ける必要がある。
  • DNSチェックは「する」を選択し、TTLの指定はしない。

ドメインの所有権を確認

ドメインの所有権を確認するには指定のHTMLファイルをサーバーにアップするか、指定のgoogleの固有の文字列をCNAMEレコードを追加する。

googleの固有の文字列google.com.

MXレコードの変更・追加

Webサイトはさくらインターネットのレンタルサーバーで運用したいので、「エントリ名@、タイプ NS、A」、「エントリ名 www」「エントリ名 ftp」はそのままにする。

「エントリ名 @、タイプ MX、データ 10@」は削除し、「エントリ名 @、タイプ MX」に以下のGoogle Appsの値5項目を追加する。

1 ASPMX.L.GOOGLE.COM.
5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
10 ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.
10 ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.

SenderIDを設定

念のためSender IDを設定するため、「エントリ名 @、タイプ TXT」に下記の文字列を追加する。

v=spf1 include:_spf.google.com ~all

Google Appsで利用するサービスのCNAME設定

Gmail

「エントリ名 mail、タイプ CNAME」を以下のように変更。

ghs.google.com.

カレンダー

「エントリ名 calendar、タイプ CNAME」に以下を追加する。

ghs.google.com.

ドライブ

Googleドライブ(旧 Googleドキュメント)も使えるように、「エントリ名 drive、タイプ CNAME」に以下を追加する。

ghs.google.com.

編集後のゾーン

エントリ名 タイプ データ
@ NS ns1.dns.ne.jp.
NS ns2.dns.ne.jp.
A IPアドレス
MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM.
MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
MX 10 ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.
MX 10 ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.
TXT v=spf1 include:_spf.google.com ~all
www CNAME @
googleの固有の文字列 CNAME google.com.
mail CNAME ghs.google.com.
ftp CNAME @
calendar CNAME ghs.google.com.
drive CNAME ghs.google.com.

- AD -

Comment

- AD -